2015年06月16日

積丹ショアブリ!2015開幕戦!

今年1回目の積丹ショアブリ狙いに行って来ました!


札幌を0時頃に出発していつもの岬を目指します。

バブーン氏が前日入りしているらしいので、現地で落ち合うことになってます。



2時半頃にお目当ての岬に到着。

すでに車が3台くらい停まってます。
外にいた方に話を聞くと、ついさっき3人組がヘッドライトつけて出発したそうです。
結局話した方達は人を避けてか隣の岬に移動すると言って去っていきました。
向こうは釣れたんでしょうかねー?

それからバブーン氏の乗っている車を覗いてみたら、まだ爆睡してます。笑
ドアを開けてたたき起こしてみたものの、まだ寝るって言ってたので自分も仮眠することにしました。


3時半頃に目が覚めたので準備して岬の先端を目指すことに。
バブーン氏はまだ寝てるようですが無視で。

30分くらい歩いて先端に着きました。汗だくです。
やはり一番いい場所は2時半組がとっていました。

その手前で開始。

30分後くらいにバブーン氏も来ました。


ジグをフルキャストでボトムジャークを繰り返すけれども、全く反応なし。
周りも釣れてないみたい。
5時を回って磯には自分含めて7人がブリ狙いに来ています。


ルアーをジグミノーに変更してアクションとかリトリーブスピードとか色々試してみました。

余談ですが、前回の釣行からフックシステムに悩んでいます。
前回はジグはフロントに2/0のアシスト1本だったんですが、今回はそれに3/0を追加してフロント2本がけにしました。
ロングジグにはテールもフックつけたりしたんですが、やっぱり絡むのでテールはなしですね。
一番悩んだのはプラグのフック。
プラグの場合はジグと違って後ろから追ってバイトすることが多いと思うので、テール1本にしました。
サイズは3/0のアシストフックを装着。
アシストフックだと泳がせたときにフリフリ動くのでいいかなと。




5時半を過ぎたところで待望のHit!!



でもなんか小さい気が…
首振ってるけど走らないなぁ…
まさかのアブラコ…?




しかし寄せてくるとまさしく青物の走りを見せてくれました。

必死に浮かせてハンドランディング。





WS000393.JPG


60cm、2kgくらいのブリでした!

フッキングがっつりきまってますわ。



その後まもなくバブーン氏バラす。笑




そしてまさかのイルカの群出現。

そこにいた皆さんロッドを置いて呆然と眺めてました。笑



こりゃダメだと朝飯タイムにしました。



WS000394.JPG





それからは一気にやる気なくなりましたけど、ぼちぼち休みながら振っていました。
肩も痛いし、もうジグをジャークするのとかダルくてやってられません…


周りも反応なしのまま7時すぎにかなり手前でベイトの跳ねを発見!

もちろん激投!


…反応なし



しかしバブーン氏にHit!!


またしてもすぐバラす!笑



それから数投で自分にHit!!


さっきよりいいファイト!
ちゃんと走ってくれますわー。


浮かせて寄せてくると、フッキングやばそう…

リーダー掴んで引っこ抜こうと思ってたけどネットインしてもらいました。


大きいかとおもったけど、1匹目と同サイズでした。

ルアーはまたしてもジグミノー。


ジグで釣れやぁ!ってヤジが飛んで来ましたが気にしません!!笑


これではショアジギングじゃなくて、ショアプラッキングになっちゃいすね。
まぁ、どうでもいいんですが。


そのあとは反応なかったので10時頃に撤収しました。






WS000395.JPG

2本出れば満足です。
自分の場合サクラよりかなり確立いいです。

今回の釣行でリールに不満が出ました。
ハンドル小さいのでゴリ巻きするのが大変です。
やっぱバイオSWくらい欲しいなぁ…





※Tackle data※
ロッド:ダイワ ジグキャスター97MH
リール:シマノ アルデグラ4000HG
ライン:PE2号
リーダー:フロロ30lb 長さはガイドに入らないくらい


posted by climb at 20:00| Comment(0) | Rule Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

大阪、明石海峡でジギング

自分としてはオフショアジギングは分野外なのだけど、今回大阪へ行くことになったついでに案内してくれるというので体験してみる事にしたという次第である。

実は船釣りというのは初めてなんですよね。

全く眼中になかったし、船酔いが心配で…

結構乗り物酔いするほうなので、波に揺られる小型の船の上で釣りなんて無理だと思ってましたし。


しかしまぁ、せっかく案内してくれるという話があったのでアネロン飲んで乗ってきました。



朝の飛行機で神戸空港に行き明石の海へ向かいます。



港に着いて出航まで少し時間があったので散歩していると、のんびりと釣り糸を垂れている方々が沢山いました。

何だか小さい魚を釣っていたので見せてもらうと北海道では見たことない魚です。


WS000249.JPG


綺麗な魚ですね。なんと言う魚なんでしょうか?

それとメジナのちゃんこいのとかも釣っておられました。

こっちでは見れない魚にテンション上がりまくりです。笑




出航の時刻を向かえ、いざ明石海峡へ出発です。


WS000251.JPG



これが明石海峡大橋だそうです。

長いですねぇ。こんな長い橋初めて見ました。



始めは今回のメインの太刀魚狙いです。

道具は全て用意してくれました。おまかせ釣行ですね。

あと、ジグはバブーン氏から少しお借りて持って来ました。


釣り方を説明してもらうと、この辺は特殊な釣り方だそうでボトム付近をスローにネチネチと攻めるそうです。

太刀魚にはショッキングピンクみないなアピール系のジグが良いとの事。

当たればそれほど難しい釣りではなく楽しめるそうですが、なかなかアタリがきません。


しばらくスローピッチジャークを繰り返していると明確なバイトの感覚!


水深80m程ですがほんとボトムでバイトしたので巻くのもシンドイです。


これが太刀魚のファイトかぁ!と思いながら巻き上げてくると何かよーわからん魚が浮き袋出してきました。笑

凄まじい残念感!

グチという魚らしいのですが船頭さんが美味しいよというのでキープしておきました。




船の後ろ側で餌釣りでやっていた方々はサイズの良い太刀魚を数匹ゲットしていましたが、自分はというとグチを2匹追加しただけ…笑


なんでやねん! と突っ込みたいところですが時間が無くなってきたので青物狙いに変更です。

この時点で16時を回っています。日が傾いてきて少々焦りが見え出します。

なんせこのまま終わってしまうと自分は別に良いんですが、案内してくれた方に何だか申し訳ないという思いでいっぱいになってしまうので。

青物狙いは海峡の浅くて流れの速い場所に移動してやりました。


水深30〜40mくらいしかありません。

この時期はやはり太刀魚パターンだそうです。

シルバーロングジグで開始しました。


WS000252.JPG


無反応のまま1時間が経ち焦り度MAX!!


もう必死こいてジャカジャカバーンのジャークを腕の痛みを堪えながら続けてます。

日が暮れてきたのでグローのゼブラジグに変更しました。


これが当たりました。



ホールからのシャークで「ドンッ!」



グングン突っ込んでいきます。


ちょーゴリ巻き!

魚が見えてからもドラグを出して突っ込んでいきますわ。



船頭さん出てきてネットインして頂きました。


魚を見るとそんなに大きくありませんでした。笑


WS000247.JPG



しかしまぁ、以前ショアから釣ったのよりは大きかったです。

2kgちょいでしょうか?


何とか一本出てくれて一安心です。ありがとうメジロくん。笑


これの後は何も反応なく帰港となりました。



自分としては北海道では見られない太刀魚やサゴシが釣りたかったんですが、それまた今後のお楽しみと言う事にしておきましょう。

普段は絶対にオフショアジギングなんてする機会がないので良い体験になりました!

正直年に1回で十分ですけどね。




次の日は大阪城を見学に行ってから北海道へ帰りました。


WS000253.JPG





来週はそろそろアメマス狙いにでも行こうかな。







posted by climb at 22:00| Comment(0) | Rule Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

積丹ショアブリ

本日はバブーン氏と前回のショアブリのリベンジへ!


自分としては道具も新調したしKIAI十分!




0時過ぎに札幌を出て一路積丹へ。


あわよくば朝ブリやって夕方はサーモンを狙おうという欲張りプラン。




うす明るくなる頃に磯を歩き岬の先端を目指す。



相変わらず風は強いけれど、風向きは以前と逆でした。


WS000204.JPG





先端に到着すると先行者が1名すでにロッドを振っていた。




期待を胸にキャストを開始します。





しかし、何も起こらず2時間が経過。



正確に言うと何も無かったわけではなかったけど。笑



WS000206.JPG

WS000211.JPG


こんな感じで愉快な子たちが釣れてはいた。





WS000205.JPG





ふと横を見るとお隣さんのロッドが曲がっていた!

曲がり方をみるとティップ部までしか曲がってないけど、どうやらブリっぽいです。


余談ですけど、ブリと言えば出世魚で小さいものをフクラギとかイナダ、ワラサ、メジロ、ハマチとかってサイズと地方によって呼び方が違うようですけどメンドクサイのでここでは小さくてもブリと呼びます。
まぁ、一般的には80cm以上をブリと呼ぶらしいですねー。




そして後から来た人にもヒットしてます。
これも小さそう?



それからまた沈黙の時間。



10時を回って諦めかけていたところに小さいコンタクト。
乗らなかったけどフローティングミノーに2回のバイトがあった。
ブリにしちゃ小さいよな?根魚?


すぐにキャストをして高速リトリーブ。


そして「ゴンッ!」っと明確なバイト!



乗ったぁ!!





ギラっと光る魚体にうっすら黄色いライン。
まさしく本命!



寄せてくるとこれでもかと下に突っ込む。
これがトラウトと違うファイトですね。


水面に魚体が見えたとき思わず


「小っちゃいっ!」


って言っちゃいました。笑





ぶち抜こうかと思いましたが最初の一本なのでネットインしましたー。




記念すべき初ブリげっとです!

WS000210.JPG


50cm、1.7kg
小さいけどリベンジ成功と言う事で。


170mmのフローティングミノーで釣れました。


新調したロッドの名前がダイワのジグキャスターでショアジギングの釣りでしたが、釣れたのはミノー。。
これってショアジギングじゃない!なんて突っ込みは無しでお願いします。笑


これに満足して岬を後にしました。



帰りの道中各河口を見て回りましたがサーモンはぱっとしない感じでしたので、さっぽろ湖でバブーン氏とスカジットキャストの練習をしました。

WS000212.JPG


だんだん良くなっています。




最近安定してシュート出来るようになったんですが、距離がいまいちです。
今後の課題としては今より+5mは遠くに投げれるようになりたいです。

以上!



ラベル:Fishing rule
posted by climb at 00:00| Comment(0) | Rule Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。