2016年12月13日

ようやく逢えた1匹

11月からちょいちょい尻別も行っているんですが、タイミングが合わないせいかなかなか厳しいです。

特に12月になれば下りがそこそこ釣れるだろうと思っていたんですけど、これが今年はまったくもって難しい!


魚がいるのか、いないのか?
ハイプレッシャーすぎるのか?


色々考えてはいるものの答えが見つからない今シーズンの尻別である。

周りもぜんぜんいい話を聞かないし、苦労しているのは自分だけではないみたいだけれども。

しかしまぁ、嘆いていても魚は釣れないので2日間使って本流を彷徨いました。


気温は高めで良さそうなコンディションですが、やはりそう甘くないようだ。


WS000547.JPG


雪化粧した羊蹄山が美しい。




下流から上流(もちろん蘭越まで)いくつかのポイントを打つも1度のあたりもなく1日目が終了した。予想はしていたけれど厳しいなぁ…

有名どころのポイントには平日だというのにとっかえひっかえ釣り人が入っているようだった。





そして2日目。


この日も下流からスタートしたけれどまったくもって無反応だった。
魚がいる場所はなんとなくわかったけれど偏っている印象。あまり楽しい状況ではない。
1箇所を執拗にせめて1匹を釣るのは自分の性分ではないからだ。

とはいえこのまま魚を見ないで帰るわけにもいかないので、秘密の?ぽいんとでプライドを捨てたような釣りだったけれど1匹出すことができた。
魚をみてやれば体高のある良いコンディション。

WS000546.JPG



やっぱりアメマスは好きですね。
厳しい状況が続くと思うけどまた行きますよっと。



WS000548.JPG








余談ですが、拾いものがありました。


WS000545.JPG


エアフロのスカジットスイッチ480grにスイベルのねじれ防止がついてました。
オレンジのラインニングラインが切れてロストしたようです。
ライン自体まだ使えそうですから、お心当たりのある方は言っていただければお返ししますよ。







9.33
タグ:本流 Spey Fishing
posted by climb at 18:00| Comment(0) | Fly Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。