2015年03月31日

Bruce&Walker Powerlite Speycaster 16f

前々回の記事でちらっと書きましたロッドの件ですが…



買っちゃいました〜!




WS000355.JPG


#9-10のモデルです。


初めに言っておきますが、このロッドを操る技術なんて欠片もないのでロッドのインプレなんぞありませんからね。笑


継いでみるとまぁ長いこと…
通常ならば15fの#10でも良いとの事でしたが、ウェーディングしたら16fのが有利という事でしたので。

しかしまぁ、なんというか。

ロッドに飾り気がありませんね。 地味です。笑
パワーのあるいいロッドなんでしょうけど…

合わせるラインは同社のDTデザインのフローティング89fヘッドロングベリーライン。


WS000359.JPG



先生のご指導の元ちょっと振ってみました。

しかもいきなり膝上ウェーディング&左打ちで。

案の定えらいことになり、半径10m以内には近づけない状態です。笑
1日中振りまくってようやくロールキャストでラインをリフトできるようになりました。





先は長そうです。









10.02
2.52
posted by climb at 19:00| Comment(1) | MyTackle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

11時間後のdrama…


前回がちょっと久しぶりのボーズだったので、今回は気合を入れて起きた。
4時に出発して日曜に洞爺湖でボだったバブーン氏と合流して本流を目指す。


日曜から一転、月曜日は寒い日だった。
おかげで少し水位は下がっていい具合かなとも思っていたけど、最低気温は−7度とかなり冷え込んだ。
朝方はガイドが凍る釣りとなってしまった。


6時頃から開始してけれど昼を回っても一向にアタリがない。


下流域は爆風。笑

同日島牧に行った知り合いは釣りを断念したそうだ。

WS000345.JPG


強風に加えてみぞれも混ざり結構なタフコンとなった。


下流域の水位は増していて経験の少ないハイウォーターの釣りに苦戦した。
出ていた浜は全て水に覆われ、ウェーディングも厳しくバックを確保するのが難しいくらい。
なので本来の流心までフライを届けることすらままならないという…
状況が厳しくなると腕の悪さが露出しますね。笑



それでも色々とポイントを回った。



WS000347.JPG


普段あまり行かないここも流してみた。




16時を回って二人ともただ1回のコンタクトもなし。
フライ、ティップを色々変えて試したのだけれども。






それでも諦めずにラストのポイントをランの流れ込みから流した。



さすがに朝から振りっぱなしなので肩&腕が痛いですわ。笑




17時半が過ぎうす暗くなり始め、あと数キャストで終わりというところで待望のコンタクト!

スイング終わりのバイトだった。


その力強い手ごたえに思わずバブーン氏に声をかける。

アメだったら遡りの60オーバーだなと考えた。


「アメだったら、ね」


この時点では半々。




なかなか寄ってこないファイトと水面に見えた立派な尾びれで確信した。



レインボーだっ!




二入に緊張感が走る…




フッキングがちょっと危なそうだったのでバブーン氏にランディングをお願いした。




2回目のトライで無事にネットイン!





WS000349.JPG





60を思わせる体高だった。尾びれも素晴しい!
ナイスな本流らしいオスのレインボーに感動しました。


WS000351.JPG


諦めずにポイント回った甲斐がありました。
ちょっと長さが短かったけれどね。笑
きっともっと大きく育ってくれるはず!



12〜3月、冬季シーズンの良い締めくくりを飾ってくれたレインボーに感謝!










TM9.59
タグ:Fishing Spey 本流
posted by climb at 22:00| Comment(4) | Fly Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

春の鱗

実は先週も蘭越へと向かって5時に家を出たのだけれども、明るくなった喜茂別ではすでに濁流と化した本流が見えていた。
前日の夜から降り続いた雨はどんどん水位を上げていったようだ。
それでも諦めきれずに昆布までいったけど、あふれんばかりの昆布川を見てようやく引き返すことを決めた。
仕方ないので美笛回りで千歳川にでも行こうかと思いきや美笛峠手前で通行止めになっていて、ここでもUターンを余儀なくした。
釣りに出掛けてロッドを振らずして帰ったのは何年ぶりだろうか?
そんな事を考えながらタイイングに勤しんだ先週であった。


さて、川のコンディションは回復していて期待がもてそうな。
一番に今年実績のあるポイントを目指した。




スノーシューを履いて歩いていくとまさかの先行者が一人。
この川で釣り人を発見したのは今シーズン2人目である。
引き返そうかとも思いましたが、せっかく歩いてきたので声をかけて上に入らせていただきました。
どうやらそれまでに数本出しているそうです。

少しお話ししたところで、「もしかしてclimbさんですか?」って聞かれた時にはびっくりこきました。笑

何といつもコメントくださるシュガーさんでした!


そして何とも変わった?釣り方をしていてもっとびっくりしました。
初心者の自分が見識が狭いだけなんですが。
ルアー的な釣り方のように感じました。
そして圧倒的な釣果にやられました。さすがですね!



その後も2つポイントをご一緒しました。
相変わらず絶好調なシュガーさんでした!





自分はと言うと・・・



スイング中にゴンッっと何かがアタックしてきた感覚。
しかし全くフッキングしませんでした。


フライを確認すると



WS000342.JPG



これは…


うーん、春の鱗ですねっ!







ちょっと開拓で下流のポイントに行きましたが自分の腕では対岸の流れにまで届かず…


WS000343.JPG


早々に断念しました。
でも大きくて素晴しいポイントなのでいつか攻略できるように腕を磨きたいと思います。



夕方になり予報通り雨も降ってきたので、ここでシュガーさんと別れることに。
お付き合いいただいてありがとうございました!
平日休みがあればまたよろしくお願いします!


自分はもう1つポイントを流すことに。



急いで移動してポイントに立つが、雨足が強くなり雪代の濁りは出ていた。
水位も朝より上がってきているようだ。
しまいにはキャスティングも乱れてきてどうしようもないので撤収することに。
そう。記念すべき今年初ボーズである!


WS000344.JPG




来週こそ!




それと、余談ですが。


最近とてもトラディショナルなスペイに興味もっています。
色々と難しい&めんどくさそうだけど。
でも、やっぱりかっこいいよね!
ルアーをやっていた自分からするとフライフィッシングはかっこいいんですよね。
それが全てといっても過言ではないくらい。
釣果でいえばルアーの方が簡単にあがりますしね。
やっぱりかっこいいって大事!笑

ということで、16f♯10くらいのトラ系のロッド探し中。
やっぱりブルースがいいのかな? でも高い…
それと個人的にはコスメが好きじゃないですよね。。。
ハーディのロッドもかっこいいですよね。
クラン? T&T? いずれにしてもお高いですね。

皆さん何かお勧めなロッドありますか?笑




タグ:本流 Spey Fishing
posted by climb at 20:00| Comment(6) | Fly Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする